Biography プロフィール

声楽家とマーケターのマルチキャリアを歩む。グロービス経営大学院教員、東洋大学講師。また、イベントなどへの登壇や演奏活動に加え、アートマネージメント分野の研究者として論文執筆などの学術的活動や実務者としてクラシック音楽イベントの公演プロデュースもおこなう。


東京大学卒業。コロンビア大学MBA修了。

電通、マッキンゼー、ウォルト・ディズニー・ジャパンなどでの勤務を経て、現在グロービス経営大学院准教授(マーケティング)。東洋大学非常勤講師(Cross Cultural Communication)そのほか昭和女子大学キャリアカレッジ、また企業研修などに日本語と英語で登壇。主にマーケティングの中でもブランド戦略、カスタマージャーニーを活用したマーケティング戦略の策定について知見が深い。アドテックなどの、多くのマーケティングイベントでの登壇の他、Forbesオンラインでの連載など、記事や本の執筆を行う。

また、NewsPicksマーケティング分野のプロピッカーとして2万3千人を超えるフォロワーを持つ。

 

その一方で、二期会に所属する声楽家としても活躍。オペラ歌手としては、オペラでは『魔笛』(侍女2)『ラ・ボエーム』(ミミ)『こうもり』(ロザリンデ)『不思議の国のアリス』(女王)『メリー・ウィドウ』(ハンナ)等に出演。コンサートでは、クリスティアン・ハンマー指揮「ワーグナー・グランドガラコンサート」での「ワルキューレの騎行」におけるブリュンヒルデ役をはじめ、 二期会主催「クリスタル・コンサート」「サロン・コンサート」、横浜シティオペラ主催「オペラ・ガラコンサート」、トラエッタ歌劇場でのコンサート(イタリア)、モンテフェルトロ・フェスティバルにおけるソシアーレ歌劇場でのコンサート(イタリア)など、国内外で活躍。数々のコンクールでの入賞に加え、海外の音楽祭にも定期的に参加。Opera as Drama(ニューヨーク)ではシェリル・ミルンズ氏から『オテロ』デズデーモナ役の歌唱で絶賛された。ジュリアード音楽院大学院にてSinging in Frenchクラスを受講、また、コロンビア大学声楽実技クラス単位取得。二期会、日本演奏連盟、横浜シティオペラ協会会員。

 

文化と経済のはざまを追求する観点から、音楽芸術分野でのプロデュース活動にも力を入れる。理事を務めるNPO法人日本伝統文化交流協会のFoster Japanese Songsプロジェクト代表としての国内外における日本歌曲振興活動では、ニューヨークの国際連合本部のパラレル・イベントでの日本歌曲コンサートや、日本伝統工芸品とのコラボレーション「歌と絹の織りなす日本の真髄」コンサートをプロデュース。また、世界で活躍する日本人歌手を生み出すために、指揮者のホルヘ・パローディ氏、メトロポリタン歌劇場副指揮者のハワード・ワトキンス氏とともに、Tokyo International Vocal Arts Academyを開設。毎年東京で、アメリカの最先端のオペラシーンで活躍する講師陣を招いた二週間のワークショップを開催している。 

 

現在昭和音楽大学博士課程後期在学中。アート・マネジメント分野の研究者として、アメリカのオペラハウス運営について研究を行っている。


著書 Book

2017年 日本説得交渉学会学会賞受賞!

最初の一冊はこれでOK!

マーケティング・プランの設計から調査、ブランディング、CRM、デジタル・マーケティングの最前線まで――「今、やるべきこと」が見えてくる。

電通、マッキンゼー、ディズニーなどでマーケティングキャリアを積み、グロービス経営大学院で教鞭をとる執筆者が、マーケの基本から最新知見までをお届け。
マーケティングとは、「買ってもらえる仕組みをつくる」こと。そのためには
・企業理念と経営戦略に紐づいた適切なブランド戦略にのっとって、
・適切なマーケティング・プランを設計し、
・適切なマーケティング・リサーチによって良いデータを得て、
・顧客との良い関係を構築していく必要があります。
本書は、この一連の流れを、4回の授業形式で、演習を交えながら紹介。

本書は、パラパラと読んでなんとなく賢くなった気がして終わり、という本ではありません。明日から実践するためのテキストです。ぜひ、あなたも生徒の1人になり、自分で考え、手を動かして授業に参加してください。

 


ビジネスパーソンの新・必修教養が5時間ですっきりわかる。統計学、プログラミングなどITを道具として使いこなす19のポイント。